ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

不確かから確信へ

めちゃくちゃ独り言。

ずっと「だろうな…絶対そうだよね」

そう思っていたある事が、8年経て

手元にあったにも関わらず気づかなかったのに事実とわかった。

自分の中ではそう信じ、わかっていた事なのに、

文字として(目視ならもっとかな…)みてしまうと

激しく心が動揺。不安定になりました。

改めて、心の弱さを実感…

意識と認識の違い?

想いが強かった分、過去とわかっていてもね。

やっぱり、過去を振りかえってしまう傾向が強いのかな?

変わらなきゃ…今、前に向かって生きる私に…

 

身体だけでなく心も軽く...

あるお客様が、「岡田さんの所に来たら身体だけでなく、心まで軽くなったんです」

そうおっしゃって下さいました。

ずっと追い求めていたものだったから、とっても嬉しい言葉でした。

正直、涙が溢れそうでした。weep

私がBTUを学びに行ったのも、自分、そしてこのため…

フーレセラピーで凝りをほぐし身体を軽く、

軽くなった身体は、自然に心も軽くしてゆく事でしょう。

私が目指したかったのは、更に、お話の中で心も軽くなって

笑顔で帰路について頂くこと。heart04

身体が軽くなる事で、本来の優しさや笑顔winkが戻ったら、

その方の笑顔は、ご家族や、周囲の方の心も明るくflairしてくださる事でしょう。

一期一会 岡田にできることなど些細な事でしょう。

でも、いらしてくださった方が元気になれたら、何十倍の力を生んでくれると信じています。

私が出会い、施術させていただける数等、ほんの僅か…

でも、いつもそんな心を忘れず一生懸命施術させて頂きます。

一度、静岡市 フーレセラピー 一期一会に足をお運び下さいませ。

家族力講座

私は今、ストレスケア教育のパイオニアBTU

基礎課程Ⅱの卒業試験を控えている学生ですconfident

 

6/15(金)静岡市民文化会館、第1会議室

BTU代表 美野田 啓ニ先生を迎え

「明るい私たちの未来のために、今、足元の家族をテーマ」とした講演があります。

家庭でのイライラ、不安感、疲労感他、日常のストレスの対処法

BTUのリラクゼーションプログラムについていろいろなお話が聞けます。

参加費 ¥1.000    定員40名

参加申込み BTU静岡安東教室 ℡054-248-1726又は

        e-mail shizuokaandou@btu.co.jp

                          http://www.btu.co.jp

思いもかけぬ波及

5/23、水曜日御利用のお客様に、ご都合頂き、

入江校長の「接客とマナー」の講習会に参加した。

その際、京都の外国人の方が、「一期一会」の検索から当店のHPを御覧になり

フーレセラピーにご興味を持たれ、アカデミーに入校されることが決まった。

と校長からお聞きしました。

 

「一期一会」という店名は、私が学ぶ前から決めていた名前…

周囲からは「一生に一回」ととる方が多い。一回で来なくなるイメージ

暗いし、仏教ぽくて、身体が軽くなる感じがしない。etc

不評の名前thinkだったが、人の出会いを大切にしたい私の思いは譲れず、

この店名にした経緯があり、初めて店名がいい結果に結びついた感じ…wink

 

私はフーレセラピーが、大好き。heart04

一人でも多くの方にセラピストとなって、

フーレセラピーでたくさんの方に健康になって頂きたいです。

今回の結果は、思わぬ形でフーレセラピーに繋がり本当に嬉しいです。

お顔は存じ上げませんが、どうか素敵なセラピストさんshineになってください。

陰ながら応援しています。notes

そして、「フーレセラピーの素晴らしさを共に伝える仲間」として頑張りましょうup

せらぴーまつり

5/19(土)

BTU安東教室にて、「せらぴーまつり」があります

12:30~17:00

良かったら御越し下さい。

その為、前日までの予約に限り、当日は午前・夜のみの予約を承ります

鼻歌が出ていたんです

今日みえたお客様が、

「言うのを忘れていました。

初めてフーレを受けたとき、翌日、鼻歌が出たんです。

鼻歌が出たなんて何年ぶりかわからない。

それほど、身体が軽くなって、楽になったんですね。ありがとう」

 

私は、「人と関わるのは傷つく事も多いけど、幼児から高齢者までの人と関わる事で

自分が成長できる」という事が、看護師になった理由でした。

しかし看護師は、多くの方を優先順位、そしてチームでみなければならず、

あなただけ…が叶わぬ仕事です。

そんな中で、壁を感じ、この仕事に辿り着きました。

一人ひとりに真摯に向かい、「貴女が楽になる為…」を共に願い

ひとつひとつ仕事させていただいている今、

日々の御客様の喜びの言葉が、有難くてなりません。

感謝のみです。

もっともっと、還元できるよう日々精進します。

是非、静岡 フーレセラピー 一期一会に 一度足を運んでみてください。

バウムクーヘンがはがれるように...

お客様の言葉です

「フーレrセラピーfootを受けると、今までに受けたり、貯めてきたストレスで凝り固まった物が

バウムクーヘンのように何層にもなっていたのが

一枚一枚剥がれてゆくのがわかるように、毎回、身体が軽くなるんです。

元気になってゆく、身体が変わってゆくのがわかるんです。

岡田さんに会えて良かった。

ちーちゃんに会って助けて貰った」

涙が溢れそうになるほど、嬉しいです。

でも、反対もあるんです。

貴女に会えた事で、私が救われているんです。

私が生きる力、そしてこの仕事をする活力が生まれているのです。

感謝するのは私です。confident

あの時、命を絶たなくて良かったです。

 

 

心がけ...桜に学ぶ

海野インストラクターが、藤枝の桜の名所と共にお話して下さった事

桜は、つぼみになるまでは上に…向かって成長する。

そして咲くと同時に頭を下げ、下に向かって花を開く。

だから、桜は下から見るのが一番綺麗。

 

人も目標に向かって生きる。

そして、その目標が達成された時、関わってくれた方々に感謝する

自分も、桜の姿に重ね、そんな想いでに生きたい

レッスンの前に、そんなお話をして下さいました。

 

楽しいレッスンプラス、いいお話聞けました。

生きている限り喜怒哀楽に出会う。

怒り、哀しみに関しては後悔や、自責の念に駆られてしまい易いが

全ての出来事は自分の体験として、実になってゆく。

その結果が生き続ける自分を創っている。

その時の想いをプラス方向で受け止め、幸せの積み重ねにしてゆきたい。

全ては自分の想いで作られているのだから…

自然に、たおやかにそれができる人になりたい。

 

 

さくら...待ちわびて

今年初めて開花を目にしたのは3/24駿河区役所の脇でした。
 

31日の風雨に負けず、たくさんの花をつけていたのは今週。

3日の台風並の低気圧の訪れに散ってしまう?

2日、森下公園のさくらに、「みんな待っていたから、お願いだから、明日は負けないで咲いていてね」

そう話しかけて来ました。(笑)

心配しながら訪れると、満開のさくら…「ありがとう、頑張ってくれて」

今週末は、静岡まつり。

さくら舞い散る中での夜桜乱舞となることでしょう…

今年は両日とも天気に恵まれそう。

私は、元はおてんばさん?それとも日本人だから?

太鼓の音に何故か血が騒ぐ…(笑)

今年は踊りからは撤退。

祭サークルのみんなを見に出かけてみようかな…

ある気付き

昨日は、shineセラピーまつりshine

あいにくの雨rain・・・残念…think

でも6名の方が来てくださいました。

御越しくださったのはバランスセラピーを学び、認定トレーナーとし活躍されている諸先輩方。

心が練られている方々ですから、とても優しいheart04エネルギーに

満ち溢れているのを感じましたhappy01

 

全ての方が、フーレセラピーを体験下さいました。

体験ですから、ほんの一部・短時間sweat01

でも、皆さん「違うー。首が回るlovely軽くなったーup気持ちよかった…wink」と

喜んで笑顔を返して下さいました。(少しはフーレセラピーの足の優しさと効果伝えられたかな?)

私もとっても幸せ…くしゃくしゃの笑いに…happy01

 

私が感じた事note

バランスセラピーを学んだ人たちは、

他の方と同じように、凝ったり筋肉が疲れています。

でも施術をすると、表面の筋肉はほぐれて行くのが早いsoon

心と、脳がリラックスしてゆく事を知っているようです。

中々できない瞑想状態になるすべを知っている方達だからでしょうか?clover

でも、その奥の芯には、疲れたメンテナンスを必要とする場所があるようです。

 

BTUの永田先生は、おっしゃいました

「フーレセラピーは、パーツ・部品のメンテナンスですね」

私は、昨日思った事club

部品、パーツを磨き、機能を整えてあげれば、バランスセラピーをやられている方は

自分の脳と心で更に深く、手軽にバランスが整うのではないかと…

こんなことに気づけたのも、永田先生がこのまつりを企画して下さった事

そして、先生のお人柄でお付き合いくださる人々の御陰ですcatface

そんな奥の疲れをとりに、静岡市一期一会のフーレセラピーfootを、お手ごろ価格で

受けに来てくださることを願ってお待ちしています

「待つ」人がいるのは、幸せなことですbell

« PREV 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
PAGE TOP