ホーム > スタッフブログ > ひとり言 > 時の流れはあまりに早く...
スタッフブログ

時の流れはあまりに早く...

茶色の野山が白や黄味を帯びた衣をまとい始め、

春の訪れに心が軽くなるのを感じたのはついこの間…

日々深まる木々の緑を眺めつつ、新芽の頃を名残惜しむ。

「新緑ってこんなに眩しかったかしら?」と目を細めてしまう。

施設の裏山から聞こえる小鳥の声に

がらにもなく「目に青葉、山不如帰、春鰹」などと言葉が浮かび、顔がほころんだ。

 

そんな木々もすっかり深みを増しもうすぐ梅雨を迎えようとしている。

幼き頃の時の流れはあんなに遅かったのに…

 

今年も早5か月を終えようとしている。

年を重ね自身の体も回復にも時間がかかる。

予定もテキパキこなせず、捗りが遅い。

日々目の前の事をこなすので精一杯coldsweats01

情報の多さと伝達の速さに、追いついていかない。

これが今の私。

あるがままに、今の私にできる事こなして行こう

今を大切に…

時の流れは益々早くなってしまうのだろうから…

 

 

 

PAGE TOP